子持ちフリーライターのあれこれ

ズボラなアラサー主婦、フリーライターになりました。

新月の今日、開業届を提出!

f:id:writer-az:20160807153750j:plain

税務署に開業届を提出しました

writer-az.hatenablog.jp

なぜ今日提出したのか?それは、占いを信じてみたのです。

先日、占い好きの姉と話していたところ、何か新しいことを始めるには“新月”がいいという話がありました。新月は一か月に一度ありますが、今月は“獅子座の新月”。獅子座の私には、さらに好都合だというんです。

姉曰く、「月の満ち欠けが身体に与える影響は必ずある」らしいのですよね。考えてみると、私自身が出産による長期入院をしていたとき、助産師さんたちは常に月の満ち欠けを気にしていました。「満月の夜はお産が多いから」と。

実際、満月の日に出産数が多いのは私が見た限りでも明らかだったので、今回はお月様のパワーにあやかるべく、新月の今日、開業届を出しに行ってきたのです。

開業届を出すにあたり、まずは先日購入した『フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました』を読みつつ、パソコンをパチパチ。

見よう見まねで国税庁のHPから申請書をダウンロードして、A4サイズに印刷。黒いボールペンで書き書きして、ハンコを押して、コピーをとって税務署に持参しました。

私「開業届を出しに来ました」

税務署のおじさん「どれ見せて?はいはい、青色申告は?」

私「もう少し考えたいのですが、2ヶ月以内に出せばいいんですよね?」

税務署のおじさん「はいはい、そうです。控えとかはいるの?」

私「コピーをとって来たんですが、これでいいですか?」

税務署のおじさん「はいはい、んじゃ、これに控えのハンコ押すからね」

(ハンコをポンポン)

税務署のおじさん「はいはい、ご苦労様でした」

と、1分程度で終了。


はいはいおじさんの許可を得て、どうやら私は個人事業主になれたようです。

開業届は出すだけだけだから簡単という話は聞いていましたが、ここまであっけないものとは……。

とにもかくにも、私は今日から立派なフリーライター

青色申告については今後2ヶ月の仕事状況を鑑みて改めて決めることにして、今夜は主人と2人で新たなスタートに乾杯しようと思います。