子持ちフリーライターのあれこれ

ズボラなアラサー主婦、フリーライターになりました。

わが家の鼻水吸引器は、電動式の医療用

f:id:writer-az:20160915154958j:plain

3日ほど前から、幼稚園児の息子の鼻づまりがひどいです。ということで今回は、愛すべき我が家の鼻水吸い取り機について紹介します。

鼻水吸引は口で吸う派?それとも電動派?

子どもの鼻づまり、とくに赤ちゃん時代の鼻づまりって、見ている親のほうが苦しくなるほどつらそうなんですよね。自分で鼻がかめないので、鼻水吸引器は大抵の“揃えるべきベビー用品”にもラインナップされているほどの必需品です。

息子が2人いる我が家ももれなく、最初は手動(口動?)タイプを買いました。

ママ鼻水トッテ

 「ママ鼻水トッテ」、これですね。

初めは何もわからず力のままに思い切り吸ってましたが、あれ?吸えない……。この吸引器、実は結構コツがいります。鼻の中が真空状態になってしまうと全く吸えないので、吸い口を少し斜めにして、鼻の中に空気が入るような形にしながらリズミカルに「ズッズッズー」って感じで吸うと結構取れます。

ただこれの難点……

めっちゃ、しんどい!!!!!

吸ってるこっちが、肺が痛くなってきちゃいます。

うちの子はすぐに中耳炎を起こすタイプなので、吸わないでいるとすぐに中耳炎になってしまいます。でも、口で吸うのは大変だし、ときどき斜めの態勢で吸ってると鼻水が口に入ってくるという大失態も。夫婦で悩みました、いよいよ電動に手を出す時が来たのか……と。

救世主・電動式鼻水吸引器のおな~り~

電動式鼻水吸い取り機といっても、タイプや値段もピンキリです。安いものは数千円~高いものは数万円するものまで。

あれこれ悩みましたが、「安いものを買って全然吸えなかった」という事態は免れたかったので、医療用としても使用されているコチラをチョイスしました。

f:id:writer-az:20160915152816j:plain

「スマイルキュートKS-500」です。

楽天で15000円くらいだったと思いますが、これは買って正解でした。良く取れる、中耳炎になりにくい、鼻水を吸うためだけに小児科・耳鼻科に行かなくて済む、そして何より、吸っても吸っても親の肺が痛くならない!!

次男が赤ちゃんの頃に購入しましたが、今では自分で吸っちゃってます。

f:id:writer-az:20160915152811j:plain

鼻づまりがひどい夜は眠る前に鼻水を吸ってあげるだけでも、少しは寝苦しさが改善できます。とはいえ時間が経てば、あのブタッ鼻が聞こえてきますがね……。

中耳炎になりやすい子には、オススメできるかなーと思います。